Sexy girl has blonde hairs

ヘルス的サービス

Sexy girl wearing black underwear

ピンサロでできることは、風俗の中ではヘルスに限りなく近いことができるといえます。
女性がオールヌードになることはなかなかありませんが、それでもこちらからの攻め行為はだいたい可能です。
女性から攻める場合であっても、手コキで終わるようなことはありません。
きっちりフェラチオで男性を昇天させてくれます。

ヘルスとの差を考えると、シャワータイムがないという点が大きな違いとして存在しています。
ピンサロでは、シャワータイムがない代わりにおしぼりなどで身体を拭いてからのプレイを行います。
そのため、シャワータイムに時間を取られないという考え方ができます。
ヘルスで遊ぶ場合、プレイルームやホテルに入ってからの時間スタートになるとはいえ、少なくともプレイの前後にシャワーの時間が有ります。
二人で一緒に入るプレイの一環であるとはいえ、そこで5分プラス5分程度はかかっていると考えられます。
それを考えると、およそ10分から15分程度は時間をシャワーに割いているものと見られます。

更に、時間が60分などの区切りである分余裕があり、ついついトークに夢中になってしまった結果駆け足になってしまうということも有ります。
実質のヌキタイムとして換算できる時間は、20分や30分程度となっていることも珍しくはありません。
ピンサロの場合は、プレイ時間は20分や30分ですが、トークもそこそこに実際のヌキタイムに移行します。

それでいて、かたやヘルスは1万円弱から強、ピンサロは数千円程度の予算です。
それを考えると、後者は圧倒的にコストパフォーマンスの良いヘルスとして利用することが可能です。

クオリティの高さ

Sexy girl lying on the sofa

一昔前までは、ピンサロという場所は場末の風俗とでも呼ばれるべき、年齢層も高くルックスもそこまで良くはないという、ネガティブな印象の強い業界でした。
しかしながら現在では、そのネガティブなイメージは払拭されています。
プレイ時間が短い分回転がよく、女性としても稼ぎやすいお店として認識されていることもあって、キャストのレベルがかなり高くなっています。
数千円程度の出費で、一般のヘルスの中でもレベルが高い部類に入る女性と楽しむことが出来るようなお店も有ります。
つまり、男性が満足出来るだけの要素がぎっしり詰まったお店に進化しているという特徴があります。

店内の構造

Sexy girl wearing pink underwear

ピンサロという風俗は、店舗型のお店です。
基本的には、キャバクラなどに近い作りになっているといえます。
違いがあるとすれば、男性がそれぞれ入っていく個室スペースのような場所には、ちょっと背の高い間仕切りが設置されているという点です。
立ち上がれば多少他の席の様子が見えなくもない、という程度の店内構造となっているため、それがまた独特のドキドキ感を盛り上げます。
もちろん、店内はそこまで明るくないため他の席の要素が丸見えとまではなりません。
そのため、安心してプレイに集中することが可能です。
感覚的には、ヌキがついてきたセクキャバのようなものであると考えると合点がいくといえます。

そのため、ドリンクを注文することもできます。
そして、ワンドリンク制となっているお店もよく有ります。
1杯1000円程度はかかることが有りますが、それでも最終的なお会計はかなり安いです。
とにかく抜ければそれで良くて、女性とのコミュニケーションよりも快感を重視したい人にとってはベストチョイスだといえます。
ヘルスに1回行くよりも、ピンサロに2~3回行くことができるという考え方ができる男性にとっては、まさにぴったりです。

Posted in 魅力

気軽に抜ける店

Sexy lady

関東地方に遊びにきた、あるいは長い事関東に住んでいるという方も関東のホテヘルの利用はいかがですか。1度試してみる価値があるのではないでしょうか。

さまざまな店舗がひしめいている西中島のキャバクラで和風のコンセプトのお店といえばこちらが評判となっています。

男性が女性と遊びたいと思った時に、そう簡単に遊べる相手となる女性は身近にいないものです。
俗に言うセフレと呼ばれるジャンルの女性を知人友人に持っている男性よりも、そのような女性と出会ったことすらない男性の方が多いと考えられます。
もちろん、セフレがいる男性であってもそのパートナーと違う女性と遊びたいと感じることも有ると考えられます。
全く関係を持ったことがない女性と関係を持ちたいと思っても、そう簡単にそのような性的関係を持つに至ることはできません。
ナンパをしても成功するとは限りませんし、ナンパに成功したとしてもベッドインまでたどり着けるかはわかりません。
そしてそもそも、ナンパをするという行為は多くの男性にとってかなりハードルが高い行為です。
さらに、ナンパをした女性と訳の分からないトラブルに成ることも懸念されるリスクを考えると、やはり冒険しにくいという心理が働きます。

だからこそ、男性には風俗というジャンルのビジネスが必要です。
風俗で遊ぶということは、男性も女性もお互いの利害を一致させた空間で性的な快楽を楽しむことです。
基本的には女性が男性に奉仕するお店であり、男性は快楽をお金で買うことができます。
そして、女性は男性に快楽を与えた結果、お金を手にすることができます。
お互いが割り切って楽しむことが出来る場所であり、これほど合理的に男性が性欲を解消できる場所は他にありません。

しかしながら、風俗で遊ぶということには男性にとって、金銭的負担が大きいという問題が有ります。
多くの風俗店では、1万円を握りしめていったところで遊べるお店は多くありません。
主流となっているヘルスの相場は、激安店と呼ばれるお店でようやく1万円ポッキリになる程度です。
女性のレベルはかなり妥協せねばならず、失敗したと思ってしまう可能性もかなりあります。
そのリスクを背負って楽しみに行く、という楽しみ方は有りますが、やはり失敗した時の悲しみは大きいです。
かといって、そこそこまともに遊びたいならばヘルスでも1万円弱程度のお金は用意している必要があります。
これでは、男性が少ないお小遣いに出来るお金から遊ぶにはなかなか手厳しい予算がかかってしまいます。

だからこそ、ピンサロというジャンルが大きな味方となります。
ピンサロは、とにかく安くてヘルス的なサービスを楽しむことが出来るという特徴があります。
安い分時間が短いという特徴もありますが、とにかく抜きたい、とにかく女の子とエッチな事をしたい、と思う男性にはベストチョイスです。
女性との時間よりも、快楽を優先したい男性にとっては特にピンサロがちょうどよいものです。
やすい予算と短い時間で、さくっと気持ちよくなって帰ることの出来るピンサロは、合理的な遊び方を提供してくれます。
男性のお財布の味方として、上手に使っていくことが良いといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加